--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/28.Sun

ここまでの軌跡~本当にこれでいいの?

さて、晴れて契約となったわけですが、建築条件なしの土地なので、不動産のグループ会社のHM以外の工務店なども検討し、相見積もりをとることにしました。

選んだ工務店は、「東京の注文住宅」に掲載されている地元密着型の工務店を2社。
この2社はどちらもプロ意識が高く、応対も丁寧な工務店でした。
ゆえに、不動産グループ会社のHMと、いろんな面でギャップを感じることとなります。

たとえば施工法や、間取りの取り方への質問をしても、工務店の方は懇切丁寧に分かりやすく説明してくれます。
工務店サイドのの建物への考えはもちろん、わたしたちの契約した土地の現地へも直接赴き、その特性を拾い上げた上で間取りを考えてくれます。

しかしグループHMの方は・・・「ちょっとよくわからなくて・・・」「きちんと施工はしてます」などという曖昧な回答しか得られません。
外壁はサイディングで、と希望を伝えると「わが社はサイディングは苦手でやってないんです」とも。

・・・私は素人なので良く分からないのですが、サイディングってかなりポピュラーな外壁の種類なのでは。
それを苦手ってあるのでしょうか・・・。

打ち合わせを何回かすればするほど他の工務店との対応の落差を感じて、このHMに不安を覚えました。

グループ会社の方でやれば確かに安くはあがるだろう。
けれど不安な家には住みたくない。
きちんと施工してくれる工務店に頼みたい。そんな気持ちが固まっていきました。

しかしここに私たちの勉強不足ゆえの落とし穴が待っていたのです。

工務店の方で見積もりを出してもらう際、地盤改良のことは頭にあったのですが、水道引き込みのことは頭にありませんでした。
工務店側に「水道は入ってます?」と聞かれ、あわてて不動産会社に確認すると
「うちで(グループHM)建ててもらえればかかりませんよ!」とのこと。
つまりは引き込みはされていないわけです。

・・・確か契約に踏み切るとき、何にお金がかかるか確認したのですが、不動産屋は私たちがグループHMで建てると思っていたのか、そのことについての説明がきちんとされていなかったように思います。
後日契約書に水道引き込みについて書かれているのを見たのですが、契約時に説明された覚えがない・・・。
たぶん私たちが聞き逃していたのだとは思いますが・・・。
けれどそういえば契約の時も、宅地建物取引主任者が最初契約を進めていたのですが、途中席をはずして、営業の人が代わりに読み上げをやりました(しかも漢字がとにかく読めない人で、まるで朗読が苦手な小学生のような有様だった・・・。)
今思うとその会社の有り様はどうよって感じですが。
しかしなにもかもが私たちの勉強不足が招いた結果でした。

そう、建築条件なしとはいえど、結局は、そのグループHMで家を建てなければ、水道引き込み料などいろんな費用がかかって、とてもではないけれど他の工務店では家を建てることが無理なことがわかったのです。
グループHM以外で建てたら多少は高くなることを覚悟はしていたつもりでしたが、予算を少し上回るなんてもんじゃありませんでした。
かといって工務店側が高く値段を出しているわけでもないのです。むしろ良心的です。

これは、総額いくらで建ちます!という不動産屋の言葉を鵜呑みにして、注文住宅が実際いくらで建つのかをきちんと把握しなかった私たちの勉強不足が招いた結果でした。
(確かに不動産屋は嘘はついてませんから・・・)

けれど先にもふれたように、グループHMで家を建てる気にはなりません。
このHMは、実は土地も含めて「売主」という形をとっているにも関わらず(そうなんです、今回土地も含めてこのHMが売主なんですわ。)、この土地のこともきちんと理解しておらず、建物のこともあやふや。
このHMで建てても一応家のかたちにはなるでしょうけど、そんなものにウン千万も払えません。

ここに家を建てるのってどうなんだろう?
確かに土地は気に入った。
けれど、予算をかなりオーバーしてしまう。
自分たちの勉強不足が招いたことではあるけれど、分不相応な買い物ではないか?

そんな考えがぐるぐるしてきました。

幸い契約はしたものの、不動産屋の都合で土地の引き渡しが3か月ほど先であること、ゆえにローンの契約などもまだであることもあり(もちろん契約書の内容を確認したうえで!)、この契約を見直しすることにしたのでした。
スポンサーサイト
♪物件探し | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。