--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/21.Mon

グラスウールの耳の話

以前の記事グラスウールの施工方法(柱がある部分の耳の重ね方)について悩んでいたところ、kokkoさんがなんとメーカーに確認してくださったとのことです(> <)!(本当にありがとうございます!)

「柱の部分は防湿層の耳が届かないが大丈夫か?」という疑問に対して(※Ⅳ地区中気密住宅前提にて。)
結論から言うと、

「十分に乾燥させた柱であれば湿気は通さないので、プラスターボード(石膏ボード)で押されば防湿層は連続すると考えている」 

とのことです。

kokkoさんのブログ 「ガンにも負けず高気密・高断熱の家づくり日記」 にてその件について詳しく触れられています。
さらに、外壁側に構造用合板を貼る場合でも防湿層として機能するかどうかなど、そういった件についても記載されていて大変参考になります。

グラスウールでの施工を考えている方、必見ですよ~!
スポンサーサイト
断熱材 | Comments(2) | Trackback(1)
Comment
気になってるところをずっとそのままにしておくと、どんどん
気になり具合が大きくなってくるんですよね(笑)
スッキリして良かったですね。

ウチの場合、ほとんど真壁(柱が表に出てる)なので、もちろん
グラスウールの耳で柱は覆われておりません(笑)
おきらく旦那さん、こんばんは!
> 気になってるところをずっとそのままにしておくと、どんどん
> 気になり具合が大きくなってくるんですよね(笑)

そうなんですよ~。
しかも私はネガティブ思考なので、妄想が広がって不安の方が大きくなってしまう性質なので・・・^^;。
kokkoさんのおかげですっきり安心できました♪

> ウチの場合、ほとんど真壁(柱が表に出てる)なので、もちろん
> グラスウールの耳で柱は覆われておりません(笑)

あ、そういえばそうなんですね~。
そっか、それも加味するとなるほど、という感じです。
ますます安心しました(笑)。

管理者のみに表示
Trackback
以前から断熱材は、グラスウールで見積もりを頂いている。 色々と調べると高機能な断熱材が多い。 グラスウールは、断熱材の中でも越すとパ...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。