--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/01/17.Sun

祝!上棟

上棟を無事終えまして、昨日簡易的にですが上棟式を行いました。

最初は上棟式はまったく省略しようかと考えていたのですが、やはりこれから家を建てていただく大工さんに、「よろしくお願いします」という気持ちを表したいなあ、という思いがありまして。
とはいえ予算が厳しいので、あくまで簡易板なのですが(T▽T)。

なので担当さんに相談して、お清めのお酒やお塩を近所の神社で用意して、それを四隅に撒きましょうということに。
で、今の住まいの近くの神社に問い合わせをしたのですが、神主さん的にあまり気乗りしない様子。
「できなくはないけど、実際はあまりそういうことはしない。やるなら家が完成したら、神主を呼んでお祓いなどをする方が望ましい」とのこと。
確かに神主さんの立場柄、そういう意見になりますよね。
しかしそう言われると、小心者の我ら夫婦、無理(?)にお清めをしてもうのに気が引けてしまい・・・。
他の神社に行く時間もなく、仕方なしにお神酒と自前の塩を持っていくことにしました。しかもお米忘れてるし。
もうなんていい加減!と恥ずかしくなりますが、心の広い神様、許してください・・・。
(きちんとした方から叱られそうですね(TДT)。)

そしてそして当日現場に着くと、なんと幣束が!

P1020277_convert_20100117013234.jpg

建築会社さんの方で用意してくれたのです。
ありがとうございます・・・(涙)。
ふつうは施主側で用意するものなのに・・・、あううう・・・。

それなのに準備不足な我々に、棟梁も現場監督さんもあきれたことでしょう。
すみません(恥)。
(実際小瓶に入れた自前の塩を見て、現場監督さんが「こ、これかあ(汗)」と苦笑いしていらっしゃいました。)

しかしなんだってさっきから自分たちの駄目さ加減を、ブログで公表してるんだか・・・。

ええと、気を取り直して!

まずは幣束に向かって二礼二拍手。

そして棟梁がお神酒を、続いて我々がお塩を四隅に撒きます。
(ふつうはお米も撒きます)
それから一回りして、もう一度幣束にむかって礼。
そんな感じで式自体は終了です。

そのあと、みんなで記念写真なども撮りました
お土産も渡しました。

そしてそして、その日初めて親方とお会いしました!
我々にとっての上棟式でのメインは、親方にご挨拶すること。

親方は、笑顔の素敵な物腰の柔らかい方でした(>▽<)。
現場監督さんいわく、とても仕事の細かい方で、お客さんにとってはいいけれど、一緒にお仕事する側には大変だとのことです
私たちには嬉しい話です。
なにとぞよろしくお願いしますっ!!!
私たちのお家の運命は、親方の魔法の手にかかっているのです!!!!!

上棟後の家の様子は次の記事に書きま~す。
スポンサーサイト
木工事 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。