--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/09/30.Wed

キッチン床~コルクタイルとは

キッチン床をどうするか。

無垢+ワックス VS コルクタイル

の一騎打ちです。

で、今回はコルクタイルの話をば。

前回記事で、実際にコルクタイルを使用されているとむさんがコメントをくださいましたが、すごく良いですね。
私がキッチン床に求めるものがつまってます!!

コルクの良さは、足裏に優しいこと、べたつきにくく(これはワックスもよりけりですが)冷えにくいこと、という認識はあったのですが、もう少し詳しく調べてみました。

長所
・耐水性に優れている
・弾力性があるので足裏に優しい。
・低放射熱性
・虫がつきにくい
・300角などで敷けるので仮に汚れたり破損してもその部分だけの交換が可能(フローリングはサネがあるので難しい)
・ガラスなど落としても割れにくい
・クッション製が良いので転倒に優しい
・防音性がある

短所
・直射日光があたると日焼けをして色が薄くなる
・耐久性はそこまでよくない(畳よりはよいが)。とはいえ、表面加工により耐久性をよくすることは可能。



建材としてのコルクの特徴はこちら

うん。コルク、素敵ですね

しかし無垢でキッチンまでつなげたほうが見た目はスマート。
無垢+ワックスで工夫する方法もあるし・・・。
でも、コルクの性能はすごすぎです。
キッチン床に求めていた性能がつまってます。

うーん。

今のところコルク優勢でしょうか。
私が横着でなければ、キッチンも無垢なんですけどね~(^^;。
スポンサーサイト
内装 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。