--/--/--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/02/01.Mon

妻飾り変更

当初、妻飾りはこちらのフラダリタイプ↓を考えていましたが、

_ff1188.jpg

玄関ドアと同じYKKAPのトラディシオンシリーズのこちら↓に変更することにしました。
l-style-store_bep44.jpg

・・・画像、ちっちゃいよっ(-△-;!!! 
しかもなぜか余白はでかいし・・・。

実際のサイズはちょうどよいので(インテリアコーディネーターさんに確認済み)、小さいタイプではないのですが、色々探してもなぜか小さい画像しかなく、この画像をのっけました^^;。


玄関ドアはこちら↓。

_P1010903_convert_20090928012429.jpg

やっぱり同じメーカーなので、トラディシオンの方がバランスがいいですね

ちなみに妻飾りは施主支給になります。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建住宅へ
にほんブログ村

にほんブログ村 住まいブログ 狭小住宅へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
外装 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/21.Mon

屋根をディプロマットに変更

もともと屋根は標準品のクボタ松下のコロニアルクアッドにするつもりでした。

けれど、意匠性は諦めるにしても(本当は洋風瓦がいいんですけど^^;)、機能性やメンテナンス性など、そういったスペックは屋根って特に大事だよね、と気になっていました。
雨風にさらされ、いわゆる人間でいうところの「頭」であるてっぺんを守る場所ですから。

最初はコロニアルクアッド(スレート屋根ですね)で、10年くらいしたら塗りかえればいいか、と思っていました。
けれどリフォーム業者さんのページなどをみると、塗り替えってかなり高いんですよね。
塗り替えする時は周りの家にも気を遣うし。

これなら最初にお金を出して、グレードの高い屋根にした方が断然安いし(塗り替え費用の方が高いんですもの)、家そのもののことを考えてもそちらの方がいいなあと。

なので、同じクボタ松下のコロニアルクアッドの上のグレードの・コロニアルグラッサ、意匠性を考慮して・セイバリーグランデグラッサ、そして建築士さんお勧めの・ディプロマットを検討することにしました。

値段のことを考えると、コロニアルグラッサやグランデグラッサの方が差額が少なくて済みますし、HPではグラッサはグラッサコートにより約30年間塗り替えの必要がなく変色もほぼないとも書いてあります。

なので、コロニアルグラッサでいいかなと思ったのですが。

建築士さんいわく、そうは言ってもグラッサもスレート屋根に変わりはないので、データ上は変色などはないといっても汚れは着くし、やはり実際はメンテフリーとはいかないとのこと。
グラッサにして差額を払うなら、もとのコロニアルクアッドのままでもいいと思う、という意見でした。

そして私たちがイメージするところの「メンテナンスフリー」を求めるならと、ディプロマットを奨められました。

ディプロマットとはガルバリウム鋼板と同じ組成のジンカリウム鋼板を基材とし、表面を自然石粒で施し高耐久型の屋根材のことだそうです(HPより抜粋)

詳しくはこちらのHPに載ってます。
ディプロマットについて
http://kawarayane.com/gekitan/catalog/deetrading/diplomat.htm

ふむふむ。
まあ書いてあることは、グラッサと変わらない感じではありますが・・・スレートよりはガルバの方が耐候性が良いのは周知のこと。
また、表面は自然石粒が吹き付けてあって雨音はとても静かだそうです。

というわけで、ちょっと高いのですが(差額15万円!)ディプロマットにすることにしました。
まあスレートを後々塗り直すよりは安いしね・・・。

色はこちらのカフェ↓に決定♪

_sekou4_convert_20091221222508.jpg

自然石粒を吹き付けているので、色むらがあって、そこが風合いがあって可愛いなあと。
実際は表面はざらっとした感じなんですよね~。
外装 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/12/03.Thu

外観さらに変更

昨日建築士さんから急傾斜の申請が下りたという報告とともに、小屋裏収納の形状について連絡が。

プレカット図(木材の最終断面なども勘案した組み立て図面)を作成したことろ、小屋裏の天井が低くなってしまい、使いづらいかも、とのこと。
なので屋根の形を変更し、当初寝室の上に配置する予定の小屋裏収納を、南側の部屋の上に配置することに。
屋根形状にあわせて外観の窓の形も若干変更させました。

2パターン作ってもらったうち、建築士さんと電話にて相談をしてこちらの外観に変更しました。

隘ソ蜴滄ずB譯・_convert_20091203160247

隘ソ蜴滄ずB譯・convert_20091203160159

他の人が見たら、「どの辺が変わったの?」と思われるかもしれませんが(^^;。

南北に伸びる切り妻屋根が長くなり、それにあわせて中央部の窓も上げ下げX1つから小窓X3つに変更してアクセントをつけました。
また、もともとは東西につけていた小屋裏の窓が、屋根の形が変わったことにより南側に一つのみになってしまうため、換気扇をつけることに。
小屋裏の南側窓は少し大きめに取って採光をとれるようにしました。
外装 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/11/28.Sat

外壁色の変更

急傾斜の申請が下りるのはあともうちょいらしいです。
来月初めの週にはおそらく着工できるとのこと。
本当にもう頼むよ、K区

えーと、今日の打ち合わせでは電気の位置のタタキと、外装イメージ図をもらいました。

_P1020074_convert_20091128235516.jpg


で、ここで色々と変更が。

もともと白い外壁に、フランスパンみたいなオレンジのウォールアクセサリー↓ということで決定した我が家。
_P1020001_convert_20091031200117.jpg

この組み合わせは当初の我が家のイメージにピッタリでとても気に入ってたのですが、家の全体図を考えたときに、洋風瓦を使用せずスレート屋根を使用する我が家には、ちょっとシンプルでさみしいかしら??という懸念が。
屋根が洋風瓦でオレンジとかなら、この壁のシンプルさがいい感じに引き立つと思うのですが、スレート屋根だとちょっとちぐはぐになるかなあ、と。

それならいっそピンクっぽいベージュの壁にして、窓枠を白にしてアクセントをつけたほうが可愛いかな、と考えました。

そして建築士さんとインテリアコーディネーターさんとアレコレ検討した結果、ワインドミュール2色使いをすることに決定しました。

_P1020075_convert_20091128235619.jpg

向かって右側の斜線部分と玄関ドアの部分をアクセントでワインドミュールのエールベージュ(ピンクっぽい色)↓にして、
wda-61s273.jpg

他の地の部分をワインドミュールのエールホワイト↓にすることにしました。
wda-61s271.jpg

PCで見ると色の違いが分かりにくいのですが、エールベージュの実際の色はもう少し強いです。

そしてウォールアクセサリーはアクセントカラーに合わせてイングリッシュワイン↓に変更(イングリッシュイエローよ、さようならううう・・・)。

fr19513.jpg

で、屋根がこれです↓

prd_cc241.jpg

屋根のブラウンとウォールアクセサリーの色がちょうどつながるので、スレート屋根も浮かなさそうです。
そして玄関の上には妻飾りをつけます(手書きで書いてあるとこです)。

妻飾りはおそらくニチハのフラダリタイプかと。
_ff1188.jpg

施工例↓
_i_ff1188.jpg

いったいどんな感じになるかちょっとドキドキです
建築士さんいわく、淡い色の違いが全体で見たときに、派手すぎないさりげないアクセントになるのだそうで・・・。

家って全体で見ますから、部材の一部だけ切り取ってみても、他とのバランスを考えると難しいですね
(これって洋服のコーディネイトと考え方は一緒ですよね)
白×黄色ウォールアクセの明るい雰囲気は大好きだったのですが・・・。
屋根をかけたら意外にもちょっと自分のイメージとは違いました(これが洋風瓦なら問題ナシだったんですけど^^;)。

家づくりって本当に奥が深いですね。
でもだからこそ愛着もわくし、楽しいのかも
外装 | Comments(2) | Trackback(0)
2009/10/31.Sat

サイディングのメーカー&品番

同じくサイディングでフレンチカントリーを目指されていることりさんから、今回紹介したサイディングのメーカーの情報についてリクエストをいただいたので、お知らせします♪

画像がかぶってしまうのですが・・・(すみません

以下の施工例の写真はすべて東レのカタログのものです。

こちらは↓ストライドストーンのストライドホワイト(SRV-611E10)
_P1010953_convert_20091012000123.jpg

ちなみに向かって一番左のものです。
_P1010996_convert_20091031195531.jpg


こちらは↓ブリックウォールのエールベージュホワイト(BWH-61E275)
_P1010954_convert_20091012000205.jpg

向かって左側の方です(この画像はエールホワイト。エールベージュホワイトとは別の色です)。
_P1010998_convert_20091031195627.jpg


で、こちらは↓同じくブリックウォールのおそらくエールオレンジ(BWH-61E276)かと。
_P1010957_convert_20091012000240.jpg

私の決定したものは施工例の写真はないのですが、ワインドミュールSCというタイプです。
ブリックウォールと悩みました。

ちなみに我が家のウォールアクセサリーはニチハのものなので、施工例とは違うのでご注意くださいませ。

少しでも参考になれば幸いです♪

外装 | Comments(2) | Trackback(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。